Val Gardenaのオヤジ的BLOG

VAL GARDENA NOW

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

久しぶりに音楽聴きたくて

26200660_4259276496s.jpg 26200660_3889809081s.jpg






昼休み ぶらっとCDショップに出かけてみた。

Yumingのニューアルバム買おうかなと思っていったんです
が ¥3000ですよ 高け~~~ 今そんなに高くなってたっけ?
で ぐる~と回ってなんかないかなァ~

一枚目:sam&dave HOLD ON,I'M COMIN'
サム&デイヴは’60年代中期からあ’70年代中期にかけて一時代を築いた、最高のソウル・デュオである。
”ダブル・ダイナマイト”というニックネームを持つサム&デイヴは’65年にメンフィスのレコード会社に迎えられてからその魅力を発揮する様になりました。これはレコード会社のスタジオミュージシャン;スティーヴ・クロッパー、ブッカー・T・ジョーンズ、ドナルド・ダック・ダン、アル・ジャクソン達の魅力に負うところが大あることは言うまでもない。古いアルバムですが聴けますよ

二枚目:STEPHEN・STILLS Man Alive
なんと 14年ぶりのニューアルバムです。ステーヴン・スティルスのニュー・アルバムは常識破り?のインターバルに対してエキスキューズするように『マン・アライヴ』と題されてるみたいです。そうだとも、スティーヴン・スティルスは絶対生きていてくれなければならない ロック・シーン ロック・ヒストリーの最重要人物の一人です。

三枚目:BOZ SCAGGS SILK DEGREES
これ 以前に買ったCDなんですよ持ってるの忘れてたァ~~
以前に書いたこと。
BOZはアメリカ オハイオで生まれテキサス オクラホマに住んでました 14歳の頃BOZはアラン トゥーサンを聞いて 演奏してたらしい 20歳の頃には祖父母の故郷スウェーデンに渡り大学に行くかたわら1枚のレコードを出した。2年後BOZはヨーロッパ アジアを放浪しシベリア鉄道に乗ってウラジオストック インド ネパールにも行ったそうです。BOZは長い旅を終えてアメリカに戻り 旧友のスティーブ ミラーのスティーブ ミラー バンドに参加。サンフランシスコの黄金時代の荷い手として大いに活躍したミュージシャンです。BOZと言えばオーヴァーラップして浮かぶのはサンフランシスコだ サンフランシスコと言うとグレートフル デッド、ジェファーソン エァープレインといったビッグネーム でも今ではほとんど対岸のサン ラファエル、ミルヴァレーに住んでるというのにBOZはいまだにサンフランシスコのパシフィック通りにすんでるらしいです それ位シスコがすきなんじゃ~ないですかね 2枚目のアルバムは凄くサンフランシスコの雰囲気が感じられます でも彼の原点はカントリー アンド ブルースなのではないかな?彼のレコードはスティーブ ミラー バンド時代から全部持ってます が プレーヤーが無いので今では聞けないんですよね で今回もCDを買っちゃいました SILK DEGREESこれは俺にとって思い出のある1枚です 23歳のころ同じ大阪フェスティバル ホールでのライブ見に行きました 
>
スポンサーサイト
音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。